スポンサードリンク

「テイクアウトライブ(Take Out Live)」野口五郎が考案したイベント直後にスマホでイベント映像を閲覧するサービス

スポンサードリンク

2013 03 04 1816

野口五郎が考案し、特許を取得したという「テイクアウトライブ(Take Out Live)」というサービスが話題になっていました。ライブ終了後、すぐにスマートフォンでライブ映像が見られるサービスなのだそうです。

スポンサードリンク

歌手・野口五郎氏が特許、スマホでライブ「持ち帰り」という記事になっていました。

イベントの来場者にQRコードを印刷したカードなどを配布する。イベント後に、そのQRコードをスマホの専用アプリで読み取ると、当日のライブを視聴できる

ライブが終わった直後に、ライブを見返すことができるサービスということで、ファンにとっては非常に嬉しいものではないでしょうか。

プレスリリースには「ライブ終了後に販売される唯一無二のQRコード」と書かれているので、主催者にとっては一度のライブで二度美味しい状態、と言えるでしょうか。

誰でもアクセスできてしまいそうですが「いったん利用したQRコードのIDについては初回視聴以後は、他の端末からダウンロードできなくなり」という対策が施されるそうです。

端末IDなどを利用するようですが、それはそれで機種変更をしたらどうなるのだろう、という疑問も出てきますが、ダウンロード型ということで、機種変更してもデータを引き継げるのでしょうかね。

もちろん、音楽のライブだけでなく、講演会などでも利用できる技術です。生で観て気に入ったらダウンロードして購入する。なかなか面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク

前へ

「和浦酒場」本店が12周年を記念して24時間営業を敢行!

次へ

6時間以下の睡眠を1週間続けると炎症・免疫などの遺伝子に影響あることが明らかに