2012 01 12 1038

Dropboxにファイルを置くと、PDF変換やFlickr、Facebookへのアップロードなどの自動処理をしてくれる「Dropbox automater」というサービスを試してみました。

こんな自動処理が可能です。

2012 01 12 1043

文書に対して
Convert to PDF
PDF to TXT
Google Docs Upload
Slideshare Upload
E-Sign PDF

写真に対して
Facebook Upload
Flickr Upload
Downscale
Convert image
Rotate image
Write text on image
30 photo effects
Stamp a logo
Stamp a map
"Dislike"-Stamp

どんなファイルにでも
E-mail
Zip file
Save it to another folder
Rename
FTP-Upload
Encrypt
Decrypt

ちょっと一手間かかる作業を、Dropboxに置くだけで自動化してくれる、ということですね。画像のリサイズ、画像へのロゴなどは、ブロガーには嬉しい機能でしょうか?

2012 01 12 1040

まず、Dropboxでログインします。

2012 01 12 1045

「Dropbox automater(Wappwolf)」が、Dropboxへ接続するための認証をします。「許可」すればOKです。

2012 01 12 1048

続いて、自動処理をするフォルダを選択します。チェックボックスにチェックを入れ、次のページに進みます。

2012 01 12 1056

ここで実行したいアクションを選びます。例えば「Convert to PDF」を選択すると‥‥

2012 01 12 1058

サポートしているファイルタイプなどの詳細が表示されます。実行したい場合には「Add Action」します。

2012 01 12 1059

「Upload to Flickr」なんていうのは、Flickrを愛用している人には便利な機能ではないでしょうか。Dropboxにファイルを置くだけでFlickrにファイルがアップロードされますので、まだFlickrの使い勝手が変わりそうです。

2012 01 12 1100

「Convert image」「Rotate image」などは、ブロガーやウェブ制作者にとっても便利な機能になりそうです。

2012 01 12 1102 1

画像にURLやロゴを挿入する、なんていうことも簡単にできます。

2012 01 12 1105

ポイントは、複数のアクションも指定できる、というところです。画像をJPEGに変換し、さらに右下に定型のテキストを挿入する、といったことが可能です。

アクションを決めたら「finished」をクリックします。

2012 01 12 1130

これで自動処理の登録が完了しました(フォルダには分かりやすい名前を付けておくと良いですね)。

2011 11 01 11502

何分かに一回、処理がされるようで、処理が完了したファイルは、同フォルダ内の「result」というフォルダに入っていました(ただし、文字の位置が指定と違う‥‥)。

いつも決まった人に写真をメールで送る用途があるならば「e-mail」あたりは便利そうです。

Dropboxがファイルの置き場から、アクションも加わってちょっと進化します。その“ちょっと”が便利になりそうです。クラウドサービスと連携する自動処理、ちょっと流行りそうな予感がしますね。