2011 09 15 1704

ぼくも愛用しているグループチャットができるiPhoneアプリ「ナカマップ」が、開発者向けに「ナカマップAPI」を公開したことがニュースになっています。

カヤック、「ナカマップAPI」を公開--位置情報共有とグループチャット機能を提供という記事です。

カヤックは9月14日、位置情報とグループチャット一体型のストリーミングAPI「ナカマップAPI」をアプリ開発者向けに公開したと発表した。ユーザー登録をすれば無料で利用できる。

「ナカマップ」というのは、仲間同士でグループチャットすることができるiPhoneアプリです。

iPhoneアプリです、と書きましたが、iPhoneだけでなくAndroid、携帯電話からでも使えるのが大きなメリットです。携帯電話、スマートフォンを問わずに使えるのですね。

ぼくも友人たちとグループを作成し、仕事の打ち合わせや、遊びの待ち合わせに使ったりしています。春先には、ボランティアのグループを作成し、現場連絡にも使ったりもしました。

「ナカマップ」のユニークな機能として、位置情報を表示できるというのがあります。GPSをオンにしていると、待ち合わせをしている時に、仲間が近づいてきたりするのが分かったりして、なかなか面白いですよ。

久しぶりにサイトを見たら、めっちゃ女子向けアプリのアピールをしているのですが、もちろん、男子が使ったってOKです(以前はここまで女子向けアピールはしていなかったのですが)。

そんな「ナカマップ」ですが、APIが公開されたことで、次のような機能が提供されるようです。

友達や同僚、家族など、グループに参加しているメンバーの居場所を地図上で確認する機能、グループ内でリアルタイムにチャットする機能など、ナカマップを構成する機能を提供する。ユーザー認証にはOAuth2認証を使用している。

カヤックでは「ナカマップAPI」を活用することで、様々なグループチャットのサービスを開発できるとしています。ちょっと面白そうなことができるかも?

ネタフルでは次のような記事を書いています。

iPhone/Androidでプッシュ通知もできる手軽なグループチャットアプリ「ナカマップ」の使い方[PR]
災害に備えてインストールすると良さそうなiPhoneアプリ

ナカマップ App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料