米Amazon、クラウド上に音楽ファイルを保存・再生できるサービスを開始という記事より。

米Amazon.comは29日、無料オンラインストレージサービス「Cloud Drive」と、オンラインストレージに保存した音楽ファイルをウェブブラウザーやAndroid用アプリで再生できる「Cloud Player」の提供を開始した。

Amazonがオンラインストレージサービスとなる「Cloud Drive」と、そこに保存した音楽をウェブブラウザやAndroidで再生することができる「Cloud Player」を開始しています。

「Cloud Drive」の容量は5GBで、音楽だけでなく動画、写真、文書を保存することも可能です。容量を拡張すると20GBが年20ドル、50GBが年50ドルなど有料になります。

Amazonの楽曲販売サービス「Amazon MP3」で楽曲を購入したユーザーは、Cloud Driveのストレージ容量が20GBに増量される。対象となるのは現時点では米国の顧客のみ。また、Amazon MP3で新規に購入した楽曲は自動的にCloud Driveにも保存され、この分についてはユーザーの保存容量にはカウントされない。

「Amazon MP3」で音楽を購入すると、容量を気にせずにどんどんクラウドにデータを追加できる、ということですね。

そして、クラウドに追加された音楽ファイルは、ウェブブラウザやAndroidアプリで聴くことができる、と。

「Cloud Player for Web」は、Internet Explorer 8以降、Firefox 3.5以降、Google Chrome、Safariに対応。「Cloud Player for Android」はAndroid 1.6以降に対応する。

iPhoneの容量は限られますし、確かに「Pogoplug」を使ってクラウドに音楽ファイルを置いておくのは便利だと感じています。ネタフルでは次のような記事を書いています。

「Pogoplug」iTunesフォルダを同期しiPhone(3G回線)で音楽を聴く
「Pogoplug」iPhoneアプリから写真や音楽を試してみる

■関連記事

アマゾン、音楽ロッカーサービス「Cloud Drive」発表--Android端末からもアクセス可能

Amazon.comで映画および音楽担当バイスプレジデントBill Carr氏は、「このような躍進をデジタル体験において遂げることができ、非常にうれしく思う」と声明で述べた。「Cloud Drive、Cloud Player for Web、Cloud Player for Androidの発表は、定期的なソフトウェアのアップデート、そして、楽曲の移動や管理に使われるサムドライブやケーブルの利用を不要にする」(Carr氏)