2010-09-17_1448.png

株式会社 CLOQUE.が、Flashで制作されたファイルをHTML5形式のHTMLファイルに変換することができる「FL2HTML5(仮)」の技術開発に成功したことを発表しています。

動画でその様子が伝えられています。

2010-09-17_1448-1.png

PCの中で動いているものと同様のものが、iPadでも動作していることを確認できる動画です。

プレスリリースによれば、

Flashサイトを解析し、そのサイトの画面構成やボタン、リンクなどをHTML5形式のHTMLファイルと画像ファイルにて再現

という仕組みです。

再現可能な対象Flashサイトは、

FlashのフレームワークであるProgressionを使用した上で、基本的な作成方法を順守しているサイトに限る。

とされています。「Flash特有のインタラクティブな画面の動きなどは再現されない」とも。

ネタフルでは、FlashをHTML5に自動変換する「Smokescreen」という記事も書いています。