ローカル環境とシームレスに統合するオンラインストレージ「ZumoDrive」ということで、外付けハードディスク的な使い方ができるサービスだったのですが、しばらく使ったのですが、ぼくの環境でほとんど出番はありませんでした。

2009-03-31_1130.png

外付けハードディスクということで、ファイルを置くとその度にコピーが始まりマシンに負荷がかかる感じになるのですね。なので「ヨイショ」という感じでないと、使えませんでした。

ローカルハードディスクを消費しないのが「ZumoDrive」のメリットではあった訳ですが、ローカルハードディスクを消費するけれど「DropBox」の方が使いやすいと感じました。ファイルコピーをほとんど意識することがないので。

ということで、また利用用途が見つかるまで「ZumoDrive」はアンインストールしておくことにしました。

方法はアンインストーラーを使えば良いのですが、古いバージョンには入っていないようなのでココからダウンロードしました。

■関連エントリー

ローカル環境とシームレスに統合するオンラインストレージサービス「ZumoDrive」
「ZumoDrive」インビテーションが届いたので登録→インストールしてみた
「ZumoDrive」写真データをアップロードしてみる
オンラインストレージZumoDrive用のiPhoneアプリ「Supersize Me」