インビテーションが届いてユーザ登録した「ZumoDrive」に、写真を300枚ほどアップロードしてみました。

2009-02-23_1550.png

アップロードしつつ、ステータスを開いて眺めてみました。

2009-02-23_1551.png

仕事場ではFTTHを共有しているような環境なのですが、150〜200KB/secくらいのスピードでアップロードされているようです。

2009-02-23_1552.png

Mac OS Xではこのように表示されます。そしてこの「コピー」の表示が終了した後に、本格的なデータ転送が始まりました。どこかにキャッシュして、それをアップロードするような感じなのでしょうかね。

2009-02-23_1558.png

2009-02-23_1552-2.png

2009-02-23_1559.png

キャッシュのコントロールなども、設定画面から可能です。

一つ気になったのは、データ転送時にCPU負荷が高いところです。明らかに動きがもっさりしてきたので、久しぶりにアクティビティモニタを開いてみました。

「コピー」表示が消え本格的な転送が始まったぽくなると、CPU負荷は真っ赤になってしまったので、転送は中止。

DropBox」ではデータ転送の負荷というのは気になったことがないので、このあたりが改善されるかどうか、がポイントになりそうです。

「DropBox」は自分のディスクスペースは消費する反面、フォルダに入れておけば後は何も気にしなくて良いです。一方の「ZumoDrive」では、明らかにデータ転送をしているな、という感じで負荷を感じます。

このあたりは使い方次第でもあるのかもしれませんが、ぼくとしては今のところは「DropBox」の方が使いやすいかな、という気がしています。

見え方的にも、

・DropBox 自分のPCの中にあるフォルダ
・ZumoDrive 外付けハードディスク

という感じなので、自分のPCにあるフォルダの方が感覚的に使いやすいという気がします。ローカルにデータを持つというのも、それはそれで意味があるのですね。

■関連エントリー

ローカル環境とシームレスに統合するオンラインストレージサービス「ZumoDrive」
「ZumoDrive」インビテーションが届いたので登録→インストールしてみた
ローカルのフォルダ経由でシームレスに利用できるオンラインストレージ「Dropbox」を試す
「Dropbox」複数環境のデータをバックアップ・同期
ファイル共有・同期サービス「Dropbox」正式公開!