Googleで検索すると「もしかして」と表示されて「実はこっちを検索したかったんじゃないですか?」という候補が表示されることがあるのですが、それがパワーアップしています。

2009-01-30_1540.png

「うらわ」と検索してみると「もしかして: 浦和」と表示されつつ、さらに上位 2 件の検索結果も併せて表示されるようになっています。

Google Japan Blog: 「もしかして」をパワーアップしました!で詳しく案内されています。

新しい「もしかして」では、訂正後のキーワードを今まで通り「もしかして」と表示するとともに、有用と思われる場合には、そのキーワードでの検索結果の最初の2件も表示します。これによって、タイプミスをしてしまった場合でも、クリック1つで目的のページに行くことができるようになります。

あー、これいいかも!

タイプミスをした時とか、確かにページ遷移を減らせるし、比較することもできるので良さげですね。

この機能強化は東京発で、既に世界中の言語で利用が可能になっているということです。