神懸かり的なファイル共有サービス「Dropbox」が正式公開されています!

2008-09-12_1447.png

究極のファイル同期・共有サービス「Dropbox」が一般公開。Linux/iPhone対応 :Heartlogicというエントリーで知りました。なんと「iPhone」対応まで!

ということで、設定さえしてしまえば後は自分のPCの中にあるフォルダ感覚でファイル共有ができてしまうという「Dropbox」が正式公開なのです。

ネタフルでも、

「Dropbox」複数環境のデータをバックアップ・同期
ローカルのフォルダ経由でシームレスに利用できるオンラインストレージ「Dropbox」を試す

というエントリーを書いていますので、使い方についてはそちらを参考にしてください。

ベータ版の頃から利用していますが「なにこれ!?」というくらいのシームレス加減で、何かのサービスを利用していることを忘れさせてくれる程です。

ぼくのメインの使い方は、

・自宅の奥さんのMacBookと写真データを同期

なのですが、これがもう便利すぎちゃって。

最近は、セミナー資料を二人で作成するために、

・Keynoteのファイルを置いて二人で作業

なんてこともしています。作業するにあたって、アップロード/ダウンロードとか必要ないんです。

だって、普通にフォルダの中にあって、書き換えればすぐに同期してくれるんですから!

で、今回の正式公開にあたっては、

・Linux版クライアントリリース
・iPhone対応
・オプションで50GB(9.99ドル/月、99.99ドル/年)
・2GBまでは無料

ということになっているそうです。2GBでも普通は十分ですね。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p633_907e23abb7ba815a5ea008670b6fdc3e.jpeg

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p652_21a095490128460dd943698abedb2342.jpeg

iPhone向けページは、その場でPDFやOffice 2007文書も開けてしまうのが便利すぎてヤバい。写真を見るインターフェースも整っている。そして50GBも使えたら写真や動画もガンガン保存できるし、便利すぎて鼻血出そうだ。

やべぇですな。「Evernote」とあわせて「iPhone」ユーザ向け必須のサービスになってしまうかもしれません(自分比)。