メモやToDo、アドレスや動画などを管理して共有することができる「memememo(ミームメモ)」というウェブアプリケーションがありました。

Memememo11

最初、どういうサービスなのかよく分からなかったのですが、デスクトップにカード型のメモを残していく、そんなサービスのようです。

「ひとりで使えばウェブメモ帳、みんなで使えばグループウェア 備忘録から、アドレス、スケジュール、情報、データ共有まで全部カードで済ませちゃう 無料のウェブサービス」

カード型のメモには、

・テキスト
・画像
・動画
・音楽

など、さまざまな種類のメモを残すことが可能です。

さらにテキストでも、アドレスデータであったり、ToDoであったり、その属性を指定することができます。

ちょっと面白そうだったので早速、試してみました。

Memememo1
初期画面

Memememo2
フォルダをブラウズする画面

まさにウェブブラウザ上のデスクトップという感じです。Flashで構築されているそうです。なんとなくデザインがMac OS 9に似ている気がしました。

Memememo3
公開されている共有フォルダ

公開フォルダからはチュートリアルなどを見ることができます。カードの左上のアイコンから、チュートリアルファイルをブラウザで表示させることができたりします。

Memememo4
メモ(カード)のプロパティ

↑の「ウェブ表示用URL」をクリックすると‥‥

Memememo5

このように表示されます。未公開のプライベートフォルダ、と出ていますね。もちろん公開することも可能です。

↓メモに動画、ToDoを入力してみた画面です。

Memememo6

配置は自由ですし、逆に整列させることも可能です。またカードの色や壁紙を変更することもできます。ちなみに「Safari 3.0.4」なのですが、日本語が入力できませんでした。

YouTubeがカードから検索して入力できたりすると、動画のデータベースにして使ったりしても面白いかなぁ、と思いました。

表示モードを切り替えて、必要な情報だけ表示することも可能です。

Memememo7
アウトライン編集モード

Memememo8
住所録ビュー

Memememo9
ToDoビュー

現在のところサクサクと動作していますが、恐らくまだユーザ数が少ないので、これからどうなるか、というところはあるかと思います。

ちょっと操作には慣れが必要だし、何が面白いのか具体的に自分がどんなことに使えるのかまだよく分からないのですが、何だか面白くなる予感がしました。

なんだろう、ハイパーカードみたいだからでしょうか。カードで全てを整理していく、というのが分かりやすいのかもしれませんね。

公開レベルをフォルダ単位で変更でき、ウェブや携帯からも閲覧が(将来はデータの追加も)可能にできます。

現在のサーバではアカウント数に制限があるそうなので、興味のある人はお早めにお試しください。