Webアプリをオフラインでも動作させる「Google Gears」公開という記事より。

Google Gearsは、PCがネットワークに接続していない場合などでもWebアプリケーションを利用できるようにするブラウザ拡張。

Googleから、ネットに接続していなくてもウェブアプリを利用可能にする「Google Gears」が公開されました。

Googlegears1

ブラウザ拡張として動作し、現時点ではIEとFirefoxに対応しています。

仕組みとしては、PC内にデータベースを持たせて、ネット接続していない場所でもPC内でウェブアプリケーションを利用できるようにするというものです。

まずは「Google Reader」が「Google Gears」に対応しているそうです。

Google Gearsをインストールしている環境でGoogle Readerにアクセスすると、右上に緑色の矢印のアイコンが表示され、オフラインモードに切り替えられるようになる。

最大2,000件のフィードがローカルディスクに保存され、ネット接続せずに読むことが可能になります。後で操作がオンラインにも反映されます。

確かに電車で移動している時など、時間はあるけどネット接続がままならない環境というのがあり、そういう時にRSSリーダの未読を消化できたらな、と思います。

「Google Gears」はオープンソースで公開され、Mozilla、Opera、Adobeと協力していくということで、今後どんなサービスが対応していくのか楽しみです。

ついにGoogleは、オフラインにも進出してきますか。

■関連記事

これがGoogleブラウザの正体?--オフラインでもウェブアプリが使える「Google Gears」

、「現在Ajaxを使って提供されているウェブアプリケーションであれば、大きく設計を変えることなくGoogle Gearsに対応できる」

Webアプリケーションのオフライン動作を可能にする「Google Gears」

Webアプリケーションをオフライン動作させる試みは、SaaS提供ベンダーにとって長年の大きな課題の1つでもある。

Webブラウザの限界に挑戦——オフラインでもGoogleが利用可能に

Google Gearsはバックグラウンドでデータをやりとりするため、オンラインになれば最新のデータをWebサイトのサーバからダウンロードする。オフライン中に更新したデータもサーバに反映されるという。