いえーい!

左に座っているのが通称“健康じじい”こと、いしたに氏@みたいもんです。そして右にいるLEGOっぽいのが、なんとミーでございます。

Sl Chalenge 20070312 11

いしたに氏の導きにより、ショップで衣装(?)を購入し、アバターの見た目を変更することに成功しました。

簡単に手順を紹介しておきましょう。

まずはいしたに氏の導きにより、「!!! VIPPERS SHOP !!! Japan 2ch, Fujin (174, 48, 29)」へ行きました。

勝手にテレポートさせられたので、初めての人がどうやって行けばいいのかは改めて聞いておきます。

辿り着くと壁一面にポスターのようなものがあります。どうやらこれが商品のようです。その中から「LEGO avatar」というのを選んでみました。「100L$」です。

Sl Chalenge 20070312 5

こんな感じで対象を右クリックするとメニューが出てきますので「Buy」を選択すると購入することができます。

これで制作者にお金が流れていく訳ですよね。リアルにすれば決して大きな金額ではありませんが、そのフローは想像以上に簡単です。何かを作って売るということが、「セカンドライフ」では思った以上に簡単に実現しているみたいです。

購入したアイテムは右下にある「Inventory」から確認できます。

Sl Chalenge 200703122-2

この中に「LEGO avatar」というフォルダがありますので、これをアバターにドラッグ&ドロップすれば、着せ替え完了となります。思ったより簡単でした。

ということで、↑の画像が着せ替え後の姿ということになります。

なんとなくお金を払ってまで、アバターのパーツを購入する人の気持ちが分かった気がします。確かにこれは体験してみないと分からないですね。なんとなく他の人と違う姿にして、ネタになりたいという気持ちが働いてしまいました。

そして今回は「ランドマーク」の方法も教えて貰いました。「ランドマーク」は要するにブックマークのようなもので、登録しておくとテレポートで移動が簡単になります。

Sl Chalenge 20070312 2-2

「World」メニューから「Create Landmark Here」を選択すると、それだけで登録が完了します。登録されたかどうかは「Inventory」の「Landmarks」から確認することができますし、ダブルクリックでテレポートも可能です。

「セカンドライフ」がますます楽しくなってきましたよ! ただなんとなく、そこに存在しているだけでいい、というのが心地よい感じです。不思議ですけど。

ちなみに楽しむためには知り合いがいた方が良いかもしれません。ぼくの場合は‥‥

・知人が土地を所有していてそこにある建物に「帰る」ことができる
・知人が操作方法を教えてくれる
・「リンデンドル」を購入してみた
・「リンデンドル」で物を購入してみた

などが良いみたいです。

また一歩「ネタフルーム」に近づきました!

■関連記事

話題の「Second Life」に挑戦
「Second Life」の起動に成功
「Second Life」は空を飛べる?
Second Life「ペパボ島」への行き方
「セカンドライフ」で“リンデンドル”を購入してみる