見て見て!

仮想空間の「セカンドライフ」で、ダースベーダーと2ショット写真を撮っちゃった、あたい!

Sl Chalenge4

ということで、ログインできるようになったのはいいものの、何をして良いのかさっぱり分からなかった「セカンドライフ」に、少し光がさしてきました。

drikin氏が「SecondLifeにAppleStore 5th ave NY出現間近」というエントリーの中で、

ということで、長くなってしまいましたが、みたいもんさんも5th aveオープンまでにSecondLife環境を準備しておくこと!

と書かれていたのですが、ぼくもご相伴に預からせて頂くことになりました。「セカンドライフ」マスターに、「セカンドライフ」ワールドを案内してもらうんです!

そしてこの2ショットに写っているダースベーダーが、実はDrikin氏だったりします。こういうのもどこかで購入できるらしいです。しかもビームサーベルまで持っていたりして、華麗に操っていました。

本当に何でもありだな、「セカンドライフ」は。

はっきりと分かったのは、自分で「セカンドライフ」ワールドを開拓していくのは難しいということ。パイオニアに教えてもらったり、すごいところをつまみ食いさせて貰うと、その世界のすごさが簡単に分かりドップリとつかる人も増えてきそうです。

そういう意味では、お手軽に参加できる「セカンドライフ」のセミナーがあるといいですね。もちろん「セカンドライフ」内でね!

ということで、いつまで経ってもTシャツにジーンズではかっこ悪いので、何か服でも購入してみようと思っています。しかしそのためにはマネーが必要。「ノーマネーでフィニッシュです」な状態を脱却しないといけません。

「セカンドライフ」ではお金を手にしてからその楽しさが始まるとも聞きますので、「セカンドライフ」内の通過である「リンデンドル」を早速、購入してみました。

方法はクレジットカードとPayPalがあるのですが、PayPalはうまくいかなかったので、クレジットカードを登録しました。

画面右上に現在の所有金額が表示されています。もちろん今は「L$0」です。

Sl Chalenge6

この「L$0」をクリックすると、このようなウィンドウが開きます。

Sl Chalenge5

とりあえず「10,000 L$」を購入してみます。これだけあればかなり十分だと言われました。「1,000 L$」くらいでもいいみたいです。

クレジットカードを登録していないと「Cannot buy now」ということで、ウェブサイトにアクセスするように言われます。

ジャンプ後の「セカンドライフ」のウェブサイトでクレジットカードを登録すればOKです。カード情報と自分の住所くらいですので、それほど難しいことはありません。

クレジットカードの登録に成功すると、めでたく「リンデンドル」を手にすることができます。どこで何を購入すれば良いのかは、またもやdrikin氏に教えて貰おうと思います!

目指せ「セカンドライフ」で「ネタフルーム」開設だぜ!

追記:drikin氏に呼ばれたみたいもんで「PS3のhomeとSecondLifeとどうぶつの森と、その立ち位置の差異。」というエントリーがあがっていました。こちらもぜひ。

で、あとでわかったことなんですけど、やっぱりこのお金を使えるようにするしないで、Second Lifeに対する見方は一変するのです。儲ける儲けないの話ではなく、Second Lifeという世界に対してどう向き合うか?ということです。

■関連記事

話題の「Second Life」に挑戦
「Second Life」の起動に成功
「Second Life」は空を飛べる?
Second Life「ペパボ島」への行き方