ケンコーコム、商品情報APIを公開という記事より。

ケンコーコムは1月22日、健康食品などを専門に販売するECサイト「ケンコーコム」で販売している商品の情報を取得できるAPIを「ケンコーコムウェブサービス β版」として公開した。

つい最近、楽天がAPIを公開して「楽天ウェブサービス」を開始しましたが、ケンコーコムでも「ケンコーコムウェブサービス」を開始したそうです。

ケンコーコムの約7万点の商品に関して、商品名、価格、説明文、ブランド、成分表などの情報を取得でき、アフィリエイトパートナーやドロップシップサービスパートナーが独自性あるサイトを構築できるとしている。

APIが公開されると、商品DBが利用できるというのが大きいですよね。これだけの情報が使えれば、かなりしっかりしたオンラインショップを構築できてしまうのではないでしょうか。

利用にはアフィリエイトプログラムに登録している必要があるということです。