楽天市場のAPIを公開する「楽天ウェブサービス」提供開始という記事より。

楽天は17日、同社が運営するECサイト「楽天市場」のAPIを無償公開する「楽天ウェブサービス」ベータ版を開始した。

楽天、API公開へというエントリーでお伝えしていた、楽天市場のAPI公開が現実のものとなりました。「楽天ウェブサービス」として提供されるそうです。

楽天市場の商品情報を取得する「楽天商品検索API」、楽天市場のジャンル名やジャンル構造を取得する「楽天ジャンル検索API」、楽天市場の商品の商品コードから商品情報を取得する「楽天商品コードAPI」、楽天ブックスで販売している書籍情報を取得する「楽天書籍検索API」の4つのAPIを公開する。

現在はAmazonウェブサービスを利用したサイトというのが多いのですが、今後は「楽天ウェブサービス」を利用したサイトが増えるでしょうね。となると、楽天市場で購入する人の間口が広がるという訳です。

楽天ではこれを、

楽天ウェブサービスではCGMにAPIを公開することで、外部からのトラフィックを増やし、楽天市場や楽天トラベルなどの各サービスが構成する「楽天経済圏」の発展を図るとしている。

ということです。いずれ売上に大きく寄与することになるのではないでしょうか。