AdBrite、優秀なビデオサービスを開始というエントリーより。

AdbriteはYouTubeやPhotobucketなどに似たエンベッド可能なビデオプレイヤーを開発している。

方法としてはYouTubeなどに動画をアップロードし、そのURLをAdBriteで指定するようです。つまりAdBriteではホスティングはしないので、自身の負担は少ないという訳ですね。

しかもそのビデオを他の人が“引用”することも可能です。こんな感じで。

これはビデオのサイズを小さくしているので広告が表示されないようですが、本来だとこんな感じに再生直後に広告が表示されます。

Adbrite Ad

記事によれば、この“引用”したビデオには広告が表示され、制作者に収入が支払われる仕組みになっているそうです。

ユニークなコンテンツであればたくさんのブログなどで貼られ、そして見られ、広告収入も増えていくということで、コンテンツ勝負ができるということですね。

広告だけでなく、ロゴなどの「すかし」も入れられるそうです。これもなかなか良い機能ですな。

ビデオコンテンツを作っている人からすると、こうして簡単に広告が入れられるようになるというのは嬉しいニュースではないでしょうか。