これはすごい! ブラウザのみでDB連携サイト構築Tuigwaa、話題のSeasarからという記事より。

Tuigwaa(トゥイガー)は、Webブラウザのみで、データベースと連動するWebアプリケーションを作成可能なWebアプリケーション。HTMLタグを知らないユーザでも専門知識や特別な環境を必要とせず、Webアプリケーションの作成ができるように工夫されており、Tuigwaaのサイトでは、新しいジャンルのミドルウェアとして「WebUDA(ユーザ主導型Webアプリケーション作成ツール)」と説明されている。

「WebUDA」というのは新しいジャンルということで、確かに初めて目にしました。「Tuigwaa」プロジェクトは「未踏ソフトウェア創造事業」にも採択されているそうです。

記事を読むと、インストールは知識が必要そうですが、その後はウェブブラウザのみでデータベースと連動するウェブアプリケーションが作成可能なのだそうです。

現場で求められる「即時性」や「共有性」を重要視したWebアプリケーションを開発するには、現場の担当者が自分達でデータベースと連動するWebアプリケーションの開発を実施できるTuigwaaが有効である

トップダウンではなく、ボトムアップ型のウェブアプリケーション開発を目指して開発されているそうです。

簡単ではないとは思いますが、ウェブアプリケーション開発のハードルを下げてくれるツールというところなのでしょうか。

ちなみに「Tuigwaa」は沖縄の言葉で「小鳥」を意味するそうです。