FlashからYouTubeAPIを手軽に利用する方法という記事より。

話題のムービー共有サイトYouTubeのAPI(Application Program Interface)を利用してFlashデジタルコンテンツを作成する方法を解説します。

おおー、これは面白いですね。APIって使ってみたいけど、ほとんどどうして良いか分からない状態です。「YouTube検索Flash」なんてものが作れるらしいぞ。

APIって難しそうだな、と思ったのですが、あるURLに引数をつけてリクエストすると、それに対してXMLでデータが返ってくるので、それをどう料理するか、ってことなんですね。うむうむ。

しかし、これが簡単につくれるということは、発展させていくとYouTubeとFlickrをブラウズする「TagTV」みたいなことになるということなんでしょうね。

執筆している道家陽介氏は、面白法人カヤックの人だった! 鎌倉のオフィスいいな〜。

そもそもFlashを持っていないのでダメな訳ですが、興味のある人はぜひ!