グーグル、Google Earth日本語版を提供開始という記事より。

機能はすでに米国で提供されているものと同じだが、日本版ではメニューが日本語化され、地名や住所での検索も日本語に対応するようになった。

「Google Earth日本語版」がリリースされています。特筆すべきは「Google Earth」上に情報を付加するレイヤ機能が強化されていることで、それにより、

新しい日本語版のGoogle Earthでは、日本国内のほぼすべての建物をレイヤ表示できるようになったほか、スーパーやコンビニ、銀行、鉄道路線、駅、ガソリンスタンドなどのさまざまな位置情報が表示されるようになっている。

という楽しい機能強化になっています。まるでカーナビみたいじゃないですか!

新Google Earthで3D日本の空を飛べで、詳しい機能解説や実際の画面表示が見られますので、併せて見て頂くと分かりやすいかと思います。

試しに使ってみましたが、このレイヤ機能は本当に凄いですね。

↓都市名が日本語で表示されています。

Google Earth Ja 1

↓強化されたレイヤ機能。

Google Earth Ja 2

↓都市部でなくても3D表示ができる。

Google Earth Ja 3

↓レイヤ機能でレストランなどのインフォメーションを表示したところ。

Google Earth Ja 4

■関連記事

「Google Earth」日本語版ではコンビニとスーパー、寺院と神社を区別

グーグルによると、建物の輪郭に加えて、建物の高さのデータが記録されており、これをもとにレンダリングしているという。そのため、屋根の形などの正確な形状までは再現されず、住宅地などでは2階建ての一律な直方体状の建物が並ぶ。