ネタフルでも何度か紹介している「MyBlogLog」というブログ向けのアクセス解析サービスがあります。

1行程度のスクリプトを貼り付けておくと、サイト内のクリックされた箇所が分かるというもので、サイトを立ち去った人がどのリンクをクリックしたかが分かるというユニークなサービスです。

・記事内のリンクがクリックされたのか
・サイドバーのリンクがクリックされたのか
・どのページでクリックされたのか

その後「MyBlogLog」バージョンアップでアクセス解析対応にということで、

・Where Readers Came From(リファラー)
・What Readers Clicked(クリックされたリンク)
・What Readers Viewed(見られたページ)

が集計されるようになり、普通にアクセス解析としても便利に利用できるようになっていました。

さらにここ1〜2日のことだと思うのですが、Google AdSenseのクリックも測定することが可能になりました。

MyBlogLog」はこれまでにもサイト内のどのURLがクリックされたか、は測定することができました。

Mybloglog Adsense

↑のようにどのページで何回クリックされたか、を表示することができます。「宴会とデジカメの関係」は合計で38回クリックされていて、紹介している個別ページでは35回クリックされている、ということになります。

同一のURLが複数のページにある場合、どのページでクリックされるのが多いか、ということが分かるということで、これがGoogle AdSenseにも対応していました。

つまりAdSenseがどのページでクリックされているのか、ということが分かるということで、アクセス数の多いページだとやはりクリックが多いのかどうかとか、これまで見えなかったものが見えるようになるのはなかなか興味深いですね。

■関連記事

MyBlogLog.com
外部へのリンクが分かる「MyBlogLog.com」
「MyBlogLog」バージョンアップでアクセス解析対応に