Webブラウザをデスクトップとして使う新サービス「StartForce」α版を公開—フュージョンという記事。

StartForceは、米StartForce,Inc.開発によるブロードバンドサービスで、Webブラウザを用いて仮想的なデスクトップ領域を表示。インストール不要で動作可能な各種Web2.0対応アプリケーションを、ブラウザ操作によって利用することができる。

ついに、Web 2.0もくるところまできています。ブラウザの中でデスクトップ環境を再現しようというのが「StartForce」です。

Startforce

PC環境、OS環境、アプリケーション環境の垣根を取り払うものですね。

今回公開となったα版では、テキスト作成や画像ビュワーなどの基本機能を実装するほか、ファイル共有機能やインスタントメッセージング機能が利用可能となっている。

現在はα版で無料ということになっていますが、将来的にはどうなんでしょうね。無料だったら使うけど、というのはあると思います。デスクトップに広告が表示されたりするようになるのかな。

利用環境が、Windows・MacOS・Linuxに対応しているのは嬉しいです。

■関連記事

ブラウザの中に“どこでもデスクトップ” 「StartForce」α版公開

米StartForceが開発した。Ajax(Asynchronous JavaScript+XML)を駆使し、PCのデスクトップのような環境をWebブラウザ上で操作でき、テキスト作成や画像ビューアーなどの基本機能に加え、ファイル保管・共有機能やインスタントメッセージング機能も備えた。