Ruby on Railsまたも進化、1.1 公開という記事より。

David Heinemeier Hansson氏は26日(米国時間)、Ruby on Railsの最新版となる Ruby on Rails 1.1を公開した。Ruby on Rails 1.1はRubyで作成されたフルスタックのWebアプリケーションフレームワーク。

「Ruby on Rails」とは、Webアプリケーション開発の負荷を軽減するために開発されたWebアプリケーションフレームワークです。

しばしば名前を聞くようになり、いったいこれはなんだろう? ということで調べたのが、以下のエントリーでした。

[N] 「Ruby on Rails」とは?

楽しんでコードを書かずに「Ruby」のアプリケーションを書くことができる「framework」ですか。つまり「Ruby」で簡単にアプリケーションを作成するための“何か”のようですね。

「フレームワーク」とは「アプリケーションを開発する際のパターンのテンプレート」のこと。

日本語で「Ruby on Rails」の本を読んでみたいなぁ、と思ったのですが、今のところは洋書しかないようです。

Beginning Ruby on Rails (Beginning: from Novice to Professional)

Beginning Ruby on Rails (Beginning: from Novice to Professional)

Ruby on Rails: Up And Running (UP AND RUNNING)

Ruby on Rails: Up And Running (UP AND RUNNING)

追記:

初めて出た洋書のRails本の「Agile Web Development With Rails」の翻訳である「RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発」が出ていますよ、とメールで教えて頂きました。ありがとうございます! 本屋でチェキラしてみます。

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発