PHS網を利用した「ウィルコム位置検索サービス」を提供という記事より。

ウィルコムは4月6日から、全国に約16万局あるPHS基地局のネットワークを利用して、端末の位置を検索する「ウィルコム位置検索サービス」を開始する。

PHSの基地局を利用するすると、GPSの電波が届きにくい屋内や地下街、地下鉄の駅などでも位置検索がしやすくなるそうです。

位置情報は、ブラウザで事前に連絡されるURLにアクセスし、IDとパスワードを入力することで取得できる。このためフルブラウザ搭載のPHSや携帯電話、PCなどから位置情報が参照可能だ。

おっ、ぼくも位置情報を検索される? と思いきや「W-ZERO3」は対応していないそう。

事前の申し込みが必要で、初期登録料525円、月額利用料金315円とのことです。子供が持つPHSならば申し込んでおいても良いかもしれません。

■関連記事

W-ZERO3やWX端末も対応!ウィルコムが「位置検索サービス」を開始

フルブラウザ対応のウィルコムの電話機・携帯電話・パソコンなどから同サービスサイトにアクセスし、利用者のID・パスワードを入力するだけで、契約機の位置情報を取得できる。

ウィルコム、位置検索サービスを4月6日開始

位置情報を割り出す際には、端末は基地局と回線交換でやり取りする。精度については、基地局の密度に依存する形になっている。そのため、同社では「都市部では数多くの基地局を展開しているため、それなりの精度で利用していただけるが、山間部では数kmのずれがあり得る」としている。