ホンダ、「Google Earth」で交通情報を無料配信という記事より。

本田技研工業(ホンダ)は29日、「Google Earth」を利用した交通情報の配信を開始した。当初、東京・名古屋・大阪の都心部を中心とした交通情報を無料で配信する。

ホンダは、インターネットを利用した通信カーナビシステム「インターナビ・プレミアムクラブ」で「会員が走行した区間の所要時間データを蓄積」しているそうです。

今回、その集積した交通情報をGoogle Earth用KMLファイルとして提供することになり、Google Earthで道路状況に応じて「青色(順調)」「オレンジ色(混雑)」「赤色(渋滞)」といった表示が可能になったそうです。

リアルな走行データを基にした道路交通情報サービスです。グレイト!

ただし「リアルタイムの配信ではないので、カーナビのように利用することは難しいが、朝・昼・夕という道路が混雑するタイミングで情報を更新するので、参考にしてほしい」ということなので、惜しい気もするのですが、しかしホンダがこうしたデータを公開してくれると、いろいろな使い方が登場するはずですから、きっと面白い使い方も出てくるのではないでしょうか。