メーリングリスト「FreeML」がSNS機能を実装してリニューアルという記事より。

従来まで提供していたメーリングリスト機能に加え、日記や写真の公開やメッセージ送受信が可能な専用ページが用意された。他のユーザーを登録する友達リスト機能や、自分のページへの訪問者がわかる足あと機能、複数ユーザーで情報交換できるコミュニティ機能なども実装

メーリングリストサービスを提供する「FreeML」に、SNS機能が実装されたというニュース。メーリングリストだけでなく、日記や写真の公開、友達リスト機能などが追加されています。

メールという日常的なベーシックなサービスに、SNS的機能を寄り添わせるこの作戦、どのくらいのユーザを獲得することができるでしょうか。

個人的には「FreeML」のメーリングリストにはいくつか参加していますが、あまりにも日常にとけ込みすぎていて、久しぶりに「FreeML」のサイトを見た感じです。もちろん、久しぶりに見ると全く違うサイトになっているのですが。

FreeMLが10年目の大幅リニューアル-コミュニティ機能を追加によれば10年目ということで、かなり感慨深いものがあります。

FreeMLは、1997年にスタートした無料メーリングリストサービスであり、現在のアクティブユーザー数は約305万人。GMOメディアではFreeMLについて「インターネットを活用したサービスで10年続いているサービスは珍しいのではないか」としている。

アクティブユーザが305万人! ぼくみたいに、サービスが自然にとけ込んでしまっている人が多いのかもしれませんね。

確か、河野さんという方がはじめたから、コウノトリがイメージキャラクターになっていると記憶しています。