グーグルも注目する写真検索の「Riya」、来週一般公開へという記事より。

Riyaのソフトウェアは人物の顔を調べるほか、その人物がきているシャツなど、他の手がかりも利用して似たものを見つけ出す。さらに、このソフトウェアは画像の中にあるテキストも探すため、たとえば「フロリダへようこそ」という看板の横に立つ人物の写真は、「フロリダ」というキーワードで見つけ出せるという。

ある写真をアップロードすると、それとよく似た写真をユーザのハードディスクの中から検索してくれるというサービス「Riya」がサービス開始するそうです。

文脈認識技術という技術で、顔認識技術を強化したようなものだそうです。顔認識技術といえば、警察などでも使われている技術ですが、さらにそれを強化して一般の人でも使えるようになるなんて!

写真だけでなく、中のテキストまで認識するというのは凄いなぁ。

Riyaの検索エンジンの精度は現時点で約70%。ハードディスクのなかに100枚の写真があるとすると、70枚は見つけだせるが、30枚は見逃してしまう。

この精度はどんどん高くなっていくのでしょうが、それでも写真検索が70%の確率でできるというのは素晴らしいですね。こんなことができるなんて、思いもしなかったというかなんというか。

あっという間にどこから買収されてしまいそうな予感もしますね。