wikiと表計算ソフトを融合-VisiCalc開発者の新たな挑戦という記事より。

これは、ブラウザベースのオープンソースコラボレーションツールで、機能はスプレッドシートに似ているが、ウェブ経由で誰がどこからでもデータを操作できるwikiの技術を活用している。

VisiCalcという初の表計算ソフトを作成したDan Bricklin氏が、ブラウザから共同作業できる「wikiCalc」というアプリケーションのベータ版をリリースしようとしているそうです。

wikiCalcは、AJAXを使って開発された汎用ツールで、Windows、Mac OS X、Unix、Linuxに対応し、ユーザー端末上でもサーバ上でも動作する。

現在はアルファ版ということで、サイトを見ると確かに各環境向けのアーカイブがダウンロードできるようになっていました。

Ajaxな表計算ソフトですから、これはちょっと期待です。他にも同様のコンセプトのものはありましたが、VisiCalcの開発者が作っているというのに、ちょっと期待がかかります。