Google、Gmailを独自ドメインで運用するベータテストを米国で開始という記事より。

米Googleは10日、Gmailのアカウントを学校や企業などが保有している独自ドメインで利用できるようにするサービス「Gmail for your domain」の限定的ベータテストを開始したと発表した。

学校や企業のオフィシャルメーラーをGmailにしてしまおうって話なんですね、これ。第1弾として「サンノゼシティカレッジで、約1万人の全学生のメールアカウントにGmailを利用」という事例が紹介されています。

ぼくもプライベートは完全にGmailです。何よりほぼ確実にスパムを弾いてくれるのがありがたいし、ウェブブラウザがあれば環境を問わないのも便利です。そしてGmailはキーボードからも操作できて高機能ですしね。

「申し込み者が属する組織がGoogleと協力してGmail for your domainをテストする意志がなければならない」ということで個人向けのサービスではなさそうですが。

■関連記事

自分のドメイン名が使える「Gmail」-グーグル、新サービスを開始

Googleのブログによると、このベータサービスは企業や組織、教育機関向けで、サンノゼ・シティーカレッジなどの学校では、すでにこのサービスを試験導入しているという。同校では、学生にjaguars.sjcc.eduドメインの電子メールアカウントを与えている。