Amazonホームページに著者のブログ掲載という記事より。

米Amazon.comは2月1日、自分が買った本の著者のブログをAmazonのホームページで読める新サービス「Amazon Connect」を発表した。

Amazonが著者向けのブログサービス「Amazon Connect」を発表しています。

このサービスでは、ユーザーが過去に購入した本の著者、および自分で登録した著者のブログが自分のAmazonサイトのホームページに表示される。

書籍のサポートなどもできるし、著者自身のアピールにもなるので、なかなか面白い試みになりそうです。既に1,000人が登録済みだそうです。

著者がブログを投稿する頻度やテーマは自由だが、宣伝は受け付けない。投稿されたブログは、Amazonのホームページのほか作品紹介やプロフィール紹介ページにも掲載される。

宣伝とアピールの境界線が微妙のような気もしますが、いつも著者紹介から読み始めてしまうぼくとしては、なかなか楽しく利用できそうです。日本でも始まるのでしょうか。