Google Video Store、始動という記事より。

2006 International CESの基調講演で予告されていたGoogleのビデオ販売サービスが開始された。

Google Videoからアクセスすることができます。CBS、NBAなどの文字が並び、2ドルから4ドル程度で購入できるようになっています。

試しにクリックしてみたのですが「We're sorry, but this video is not available in your country.」と表示されてしまいました。

原稿執筆時のコンテンツ数は、映画が348タイトル、ミュージックビデオが9曲(すべてSONY BMG)、NBAが25タイトル。CBSの人気番組は、プライムタイムショーとして「CSI」「NCIS」「Survivor Guatemala」が、古典作品としては「冒険野郎マクガイバー」「アイ・ラブ・ルーシー」「トワイライトゾーン」などが用意されている。

日本でも古いアニメなどのコンテンツは十分に通用しますから、そういうのも面白そうです。うちの子供は歴代のウルトラマンとか、ガッチャマンとかガンダムとか、そんなのも興味を持って見ているみたいです。

無料コンテンツの一部はビデオiPodやPSP形式でのダウンロードがメニューから選択できるが、有料コンテンツはインターネットに接続されたWindowsマシンしか再生できないのが現状だ。

なるほど。有料コンテンツが別のポータブルプレーヤに移せるようになると、また普及の度合いが違うんでしょうね。これからに期待です。

■関連記事

グーグル、オンラインビデオ販売サイト「Google Video Store」をオープン

同ウェブサイトは、「less-is-more(少ないほど豊か)」というGoogleの理念を忠実に守っているが、巧妙なデザイン性に欠けており、例えば映画などの魅力的なコンテンツの存在をうまくユーザーに示せていない。

Google Videoにブーイングの嵐

ビデオの選択肢が限られており、ダウンロードの帯域が狭いほか、ユーザーインタフェースが不安定だという。また、ダウンロードプロセス全体の最初のステップであるアカウント認証ができないという問題も浮上している。