BlackBerry同様のプッシュサービスを日本の携帯で──Intellisyncという記事より。

インテリシンクは8月31日、Intellisync Mobile Suite(Mobile Suite)の新バージョンを発表した。Mobile Suite 6.4Jは、Over The Airインストール機能やセキュアゲートウェイなどの新機能を搭載したもの。

Mobile Suiteのクライアントソフトの提供され、どういうメリットがあるかというと、対応した携帯電話であればプッシュでデータを送れるそうです。

サーバのデータと端末内のデータを同期(シンク)する技術に、プッシュが加わることで、ユーザーは特に意識しなくても常に端末内の情報を最新のものに保っておけるようになる。

今だったらウェブブラウザで見に行っているところを、自動的にサーバから情報が送られてくる、という感じになるでしょうか。

アメリカでは「BlackBerry」という端末があり、それが流行っているのですが、その理由の一つにこのプッシュ機能があるんだそうです。BlackBerryでできることは全部できる。さらにデバイスの管理ができる。1つの管理ツールでPCもPDAも携帯も管理できる」と関係者。

対応するのは、

・ドコモのビジネスFOMA「M1000」
・ボーダフォンの「Vodafone 702NK」

です。ついに出番か! という感じがします。

さらにFOMA 900/901iシリーズとボーダフォンの3G端末も、Javaアプリケーションとしてクライアントソフトが提供されるそう。ボーダフォンの3Gにも日の光が。

しかし、Java版はプッシュサービスが利用できないそうなので、「M1000」「Vodafone 702NK」で利用するのが超便利ということになるでしょうか。

どういうマーケットが立ち上がるのか、興味津々です。

メッセージングサービスは日本に根付くか?——Intellisyncでは、

「BlackBerryは、米国で最も成功したデータ通信サービスだ。成功の理由は、大きく4つ挙げられる。まず、QWERTY配列のフルキーボードが使えたこと。次にソフトがよかったこと、販売チャネルがよかったこと。そして端末のバッテリーの持ちがいいことだ」

とBlackBerryの人気が分析されています。QWERTY配列のフルキーボードを搭載した携帯端末というのは、ぜひとも日本でも早く製品化して欲しいところ。