米Google、インスタントメッセンジャー「Google Talk」公開というニュース。

Google Talkは、Webメールサービス「Gmail」と連携したインスタントメッセンジャー(IM)。

ついにGoogleからIM(インスタントメッセンジャー)がリリースされました。利用にはGmailアカウントが必要です。Gmailアカウントが必要だけに、コンタクトリストの人にすぐにメールを出すことができたりします。

早速使ってみましたが、デザインもかわいらしい感じで良いですね。IT系の友人が多いせいか、あっという間にコンタクトリストが増えていきました。

しかし、自宅はMacなので使えないという。iChatとも互換性があるそうだけど、そうするとぼくの知り合いにはTalkのコグレとiChatのコグレが存在することになってしまう訳で、早くMac版も出るといいな、と思います。

機能面では、テキストメッセージだけでなく、インターネット電話として音声も送受信可能だ。ファイアウォールを介した音声通話やNAT越えにも対応。

そうそう。マイクがないので試していないですけど、インターネット電話機能もあるんですよね。ウィンドウを再度開くと、前回のチャットが残っているなんていう細かい芸当も。

「時期は未定だが日本語版の提供も検討している」ということですが、基本的には日本語も通っていますので、英語版でも普通に使えます。

わざわざIMを乗り換えるのもなぁ、と思っていたんですけど、あっという間にコンタクトリストが増えたので、さっくり会社PCのAIMサインアウトしました。