米Yahoo!、音楽配信サービス「Yahoo! Music Unlimited」ベータ版が開始したというニュース。

米Yahoo!は、新しい有料音楽配信サービス「Yahoo! Music Unlimited」のベータ版の提供を米国時間5月11日に開始する。同社が5月10日に明らかにした。利用料金は月額6.99ドル、年間契約の場合には月額4.99ドルになる。

「Yahoo! Music Unlimited」を利用してダウンロードした楽曲は、パソコンだけでなく携帯端末に転送して楽しむことができるそうです。また「Yahoo! Messenger」を使って友人が購読している音楽コレクションやプレイリストの閲覧や再生も可能に。

WMA形式と米Microsoftのデジタル著作権管理技術「Windows Media Digital Rights Management 10(WM DRM 10)」を採用している。

無料のアプリケーション「Yahoo! Music Engine」を使用し、楽曲のリッピング、ミックス、CDへの書き込み、インポート、携帯デバイスへの転送、楽曲のダウンロード購入、ラジオの視聴といった機能も提供されるそうです。iTunesと同等の機能が提供される、ということですね。

米Yahoo!、1カ月あたり4.99ドルの音楽サービス「Yahoo! Music Unlimited」によれば、Yahoo! IDと統合されているのが大きな特徴だそうで、確かに新たにアカウント取得の必要がなければ、試用には非常に便利だと思われます。

個々の楽曲をダウンロード購入したい場合には、通常1曲99セントのところをYahoo! Music Unlimitedの会員は1曲79セントに割引される。

■関連記事

ヤフーの「Yahoo Music Unlimited」提供開始で価格戦争勃発か

結果はどうあれ、この価格戦争のおかげで、サブスクリプション型の音楽配信サービスに対する人々の関心は高まるだろう。ここ数年、1曲99セントで音楽をダウンロードできるApple ComputerのiTunes Music Storeのおかげで、サブスクリプションサービスは影が薄くなっていた。

ヤフー、「聴き放題」の音楽配信サービスを発表――価格破壊でiTunesに挑戦

複数の企業を買収してきたにも関わらず、Yahooは今回、MusicNetと組んで新しい音楽サービスを立ち上げた。このサービスが今週より提供が開始される「Yahoo Music Unlimited」だ。