ネットスケープの創業メンバーら、TivoとBitTorrentを融合hitomi ランジェリー姿公開というニュース。

Netscapeの立ち上げに携わったMarc AndreessenとMike Homerがベンチャービジネスに戻ってきた。2人は今回、テレビやラジオ番組のほか、一般の人が作成したコンテンツを配信/閲覧できるTivo似のオンラインネットワーク「Open Media Network」を開設した。

「Open Media Network」は、テレビ局と独立系映画会社を対象に、インターネットを使ってコンテンツを配信する仕組みを提供していくとのこと。コンテンツの配信にはCDN(Contetnts Delivery Network)が用いられるのが一般的だと思いますが、そこにPtoPのエッセンスを加えたのが「Open Media Network」と言えるでしょうか。

記事によれば、「Tivoとファイル交換のBitTorrentを融合したもの」ということで、次のように説明されています。

作成者のコンテンツはPtoPネットワーク上を流れる。視聴者は、テレビ番組表のようなプログラムディレクトリを利用して、個々のコンテンツを検索し、自動ダウンロードを申し込むことができる。

Open Media Networkでは、Homer氏が会長を務めるコンテンツ配信サービスKontikiの技術を利用するそうで、「一般に公開されているコンテンツをインターネット上で無償で閲覧できるコンシューマ向けサービスを構築したいと考えている」とコメントしています。

キーワードで検索すると見たい番組がHDDレコーダーに自動的にダウンロードされ、いつでも好きな時に見たいコンテンツをダウンロードして見られるというのは、視聴者からすれば本当に素晴らしいことだと思います。

「Open Media Network」の動向は要注目です。

■関連記事

Netscape出身のMike Homer氏らがコンテンツ配信ネット立ち上げ

消費者は、同ネットワークで提供されるコンテンツをパソコン、iPodといった複数のデバイスで視聴できる。夏までにはテレビ、携帯電話機でも視聴できるようになるという。また、将来的には有料コンテンツの配信も予定している。