プロバイダーの「ポート25制限」とは何?という記事より。

迷惑メールを防ぐために一部のプロバイダーが導入している技術的な手法が、「ポート25ブロッキング(Outbound Port25 Blocking)」です。迷惑メール業者のサーバーやウイルスに感染したパソコンから送信された不正なメールをプロバイダー内でしゃ断し、迷惑メールの外部への送出を防ぎます。

「ぷらら」と「WAKWAK」が導入しているの「ポート25制限」ですが、あまり聞いたことがない人の方が多いかもしれません。聞いたことがあっても、詳しく分からないという方も多いかも。ということで、この記事を読むと、概要は理解できると思いますので、興味のある方は是非どうぞ。

この制限でどういうメリットがあるかというと、

ポート25ブロッキングは、正規のメールサーバーを経由する場合を除いて、ポート25を使うデータはすべてプロバイダー内のネットワークでしゃ断する機能です。こうすれば、通常のメールは従来どおりに送出できる一方、迷惑メール業者やウイルスに感染したパソコンが送出したメールだけを取り除けます。

このように無差別にメールが配信されることが無くなるそうです。正規のメールサーバを経由しないと、一切メールが出せないという訳ですね。

しかし一方で、「例えば、WAKWAKでネット接続しつつ、別に契約している他社のメールサーバーを使ってメールを送信することはできなくなります」というデメリットも生じています。こうした場合は、ウェブメールなどを利用する必要があるとのこと。