スポンサードリンク

山口達也メンバーの事件を受けジャニー喜多川社長が異例のコメント

スポンサードリンク

B00KVM3G26

強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也メンバーが不起訴処分となりました。それを受け、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が異例のコメントを発表しています。

ジャニー社長が謝罪文発表「信頼回復に全力を尽くす覚悟」 TOKIO4人はあす会見という記事になっていました。

また、ジャニー喜多川社長も、被害者、ファン、関係者に謝罪文を発表。事務所として「信頼回復に全力を尽くす覚悟です」と記した。

スポンサードリンク

不起訴処分を受けジャニーズ事務所が報道各社にFAXを送付しました。

謝罪と共にジャニー喜多川社長は「私自身は全ての所属タレントの『親』としての責任を負いながら今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます」とコメントしたということです。

ネットだと「なぜメンバー(社員)を矢面に立たせて社長がコメントしないんだ」という声も大きくなりつつあったので、それに対応した形になるのでしょうか。

「不祥事やスキャンダルでジャニー氏が直接コメントを発表するのは極めて異例」ということで、確かにこういう時には表に出てこない印象でした。

以前は大きな声でかき消すことができた小さな声が、ネットによって集合することで、無視できないようになってきたのかもしれません。

5月2日の今日、TOKIOの4人のメンバーが会見を開くともしています。

TOKIO4人会見何語る、すでに山口交え話し合い(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

グループ存続の可否も含めて、今後の活動について話し合ったようだ。

何が語られるのでしょうか。

スポンサードリンク

前へ

ポパイ・木下孝浩前編集長が「ユニクロ」に入社

次へ

Kindle読み放題「Kindle Unlimited」今登録で2ヶ月199円キャンペーン実施中(プライム会員限定)