B000084TM5

2016年1月に「SMAP解散」スポーツ新聞が報じる → キムタク残留、他のメンバーは独立へという記事を書きました。解散騒動があったものの、テレビで謝罪放送までしてグループ存続の道を探った「SMAP」でしたが、最終的には休養か解散かで揺れ、解散を主張するメンバーがいたことから、2016年12月31日をもって解散することが発表されました。

SMAP解散…「休むより解散したい」/FAX全文では解散するものの、5人はそのままジャニーズ事務所に残るということです。つまり、今後はジャニーズ事務所に所属しての個人活動となります。

メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

中居「お許し…」木村「無念」/SMAP5人コメではメンバーのコメントがあります。

中居正広「このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…。」

木村拓哉「25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。」

稲垣吾郎「今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが「解散」という形を取らせて頂く事になりました。」

草彅剛「今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います。」

香取慎吾「応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます。」

誰が解散を望んだのか‥‥それぞれ温度差のあるコメントとなっています。

SMAP年内解散…休養拒む3人の主張に同意によると「休業明けのプランもなく、いつ活動を再開するか分からないままファンに期待を持たせることはファンに失礼だ」という申し入れが稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾からあり、最終的には反対していた中居正広と木村拓哉も同意せざるを得なかったようです。

関係者によると特に、以前からI氏を人一倍慕っていた香取は、分裂騒動以降木村との溝が深く、解散希望の意思が固かったという。

I氏が芸能界を通報されたのは、木村拓哉が反旗を翻して「SMAP」独立が失敗したからだ、という思いもあるでしょう。

スマスマ終了 隠せぬ不協和音「番組成り立たない」によると、木村拓哉が話題を振っても「他メンバーがまったく乗らず、しらけた雰囲気が漂うこともあった」そうで、埋められない溝ができていました。

個人的には「SMAP」が解散するも、メンバー全員がジャニーズ事務所との契約更新をしていることに驚きました。ジャニーズ事務所との関係が悪いわけではなく、あくまでもメンバー間の問題ということです。

それにしても、もともと「SMAP」としての番組も多くはありませんでしたが、今後、個人活動してメンバー全員がそれぞれうまくいくのかな‥‥という心配は杞憂でしょうか?