2016 02 06 1537

クレヨンしんちゃんの新作映画「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」で、主題歌を歌うことが内定していた「ゲスの極み乙女。」ですが、不倫騒動の影響で内定取り消しになったそうです。ゲス極、子供に人気の映画主題歌消滅…不倫騒動代償という記事になっていました。

アニメ映画「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」(高橋渉監督、4月16日公開)の主題歌を担当することが内定していたが、ボーカル川谷絵音(えのん=27)をめぐる不倫疑惑騒動の影響で、これが消滅した。

事態を重くみた制作陣が協議した結果「子供や家族連れのファンが多い作品に不倫騒動はふさわしくない」という判断から、主題歌の依頼を取り下げたということです。

子供たちは不倫騒動は気にしないでしょうが、一緒に映画鑑賞にくる親への配慮ということになるのでしょう。クレヨンしんちゃん的には、絶対に「ゲスの極み乙女。」でなければならない、という理由もないでしょうし。

一方のベッキーは、所属事務所から休業が発表されています。

「なにより本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて決定いたしました」としている。

ベッキーが芸能活動を再開するにしても、これまで通りにポジティブな清純派という訳にはいかないでしょうね。時間が経てば、矢口真里のように自身の不倫をネタにして復活できるでしょうか。