2016 01 21 1042

「SMAP x SMAP」で公開生謝罪をした「SMAP」ですが、木村拓哉以外のメンバーに何かペナルティーが科されるのではないかと見られていましたが、結果的に「ペナルティーを科さない方針」ということが明らかになりました。SMAP中居ら4人ペナルティーなし 生謝罪決め手という記事になっていました。

5人そろって生放送で謝罪したことで、けじめがついたと判断。報道などを通じて厳しい目にさらされた“社会的制裁”が、事務所残留を決めていた木村拓哉(43)以外の4人に対する厳しい処罰に値したとみている。

「公開処刑」だなんていう風に見る向きもありましたし、あれでジャニーズ事務所の暗部が日本中に晒されたというか、ジャニーズ事務所に対する風当たりは相当きつくなったのだと思います。そういったこともあって、これ以上のペナルティーは得策ではない、と判断しても不思議ではないでしょう。

中居ら4人処分なし「さらし者」謝罪で事務所幕引きという記事にもなっています。

これがアジアを中心に世界中に伝えられ、閣僚も発言するなど社会的事件に発展した。独立を事務所に表明した4人は、最初から残留を決めていた木村を孤立させたなどとして厳しい目にもさらされてきた。

メリー喜多川副社長はネットは見ていないでしょうが、若いスタッフはネットの批判を見て、危機感を抱いても不思議ではありません。テレビの生放送では好意的な意見を放送しましたが、結果的にジャニーズ事務所に対する批判が多いことも、ネットを通して明らかになった訳ですから。

「SMAP」のメンバーが9月の契約期限以降もジャニーズ事務所に残り続けるかどうかは分かりませんが、一つの選択肢としてはそのまま残り、将来的にジャニーズ事務所を変えていく、なんていう道もあるのかもしれませんね。

余談ですが、あるテレビ局ではジャニーズ事務所のタレントを「J0」「J1」「J2」と呼んでいたということを知りました。SMAP女性マネ退社意向でテレビ各局対応追われるという記事です。

ある局は、ジャニー喜多川氏がマネジメントするタレントを「J0(ゼロ)」、藤島ジュリー景子氏がマネジメントするタレントを「J1」、室長がマネジメントするタレントを「J2」と区別し、それぞれ専任する形で担当者を振り分けている。

力関係も透けて見えますが、サッカーみたいですね。

■関連記事

「SMAP」リーダー中居の交代はなし?キムタクへの感謝コメントを拒否していたことが明らかに

「SMAP x SMAP」謝罪生放送の視聴率は31.2%(前週の3倍以上)