B0030FKUEI

「大沢悠里のゆうゆうワイド」といえば、午前中の民放ラジオの定番です。商店の軒先で、床屋で、クルマの中で、子供の頃から聴いていた覚えがあります。スタートは1986年。30年の歴史に幕を下ろすことが明らかになったそうです。大沢悠里「30年長い」ゆうゆうワイド終了を報告という記事になっていました。

「突然お話しすることになりました。4月8日の31年目に入るところで、この番組を降りることになりました。1年前にTBSにお願いして了解してもらい、今日にいたりました」と話した。

大沢悠里は74歳、話す仕事なら続けられそうな気もしますが、8時30分スタートとともなれば、早起きも必要ですし、何よりウィークデーは毎日というのは、体力的にも大変なのでしょう。

番組をやめる理由を、次のように語ったそうです。

体力的に4時間半の生放送の番組は長い。疲れてくると質が落ちるんです。昔みたいにうまくいかないと自分自身がイライラしてくるんです。これじゃいけない、皆さんに申し訳ない、という気持ちが強くなってきた

また、気になる後任は伊集院光が務めるそうです。深夜のラジオもありますが、そちらも続けるのでしょうか? 平日昼間のラジオ番組、安定すれば一生もののライフワークですね。