2015 01 16 1431

ついに、サザンオールスターズの桑田佳祐と所属事務所のアミューズが、オフィシャルに謝罪文を出すまでに発展してしまったのですね。サザン桑田「反日」にFAX800字で謝罪という記事になっていました。

ただ、桑田はこの流れで、褒章のオークションを観客に呼びかけるパフォーマンスもしていた。ジョークで、演出の一環だったが、紫綬褒章は、天皇陛下から授与されるものであり、後に「非礼」「失礼だ」と一部から指摘を受けるに至った。

紫綬褒章をズボンの後ろポケットから取り出したり、オークションにかけるパフォーマンスをしたとして「反日」「非礼」と批判を受けていたのですが、報道各社にFAXで謝罪文を送ったということです。

紫綬褒章公開などを「日頃の感謝の気持ちをお伝えする場面を作らせていただいた」と前置きしながらも、「取り扱いに不備があったため、不快な思いをされた方もいらっしゃった」「感謝の表現方法に十分な配慮が足りなかった」などと謝罪した。

問題の沈静化を図るために、ここは謝罪がベストという判断だったのでしょうか。

ピースとハイライト(通常盤)

B00DKK1D08

■関連記事

サザン桑田がライブパフォーマンスを謝罪 - 芸能ニュース : nikkansports.com

ライブの内容については、「特定の団体や思想等に賛同、反対、あるいはおとしめるなどといった意図はまったくございません」と記している。