4120045692

元女流棋士の林葉直子が、重度の肝硬変を患い療養していることを「婦人公論」で明かしたそうです。林葉直子が末期の肝硬変 1人で療養中という記事になっていました。

元女流棋士のタレント林葉直子(46)が明日22日発売の雑誌「婦人公論」で、重度の肝硬変を患っていることを告白している。「結構末期のようで、回復するのは難しいのではないかと思います」としており、原因については「飲みすぎですね」と話している。

色々とお騒がせタレントのようになっていた林葉直子ですが、重度の肝硬変を患い、自宅で療養しているようです。入院生活は「性に合わない」として、現在は出身地の福岡で一人暮らしで療養しているのだとか。「あばら骨が浮くほどやせ細っているし、おなかはポコンと出て妊婦のようです」とも。

肝硬変の林葉直子「子供産んでおけば…」によるとテレビ番組にも出演し、不倫騒動にも言及し「(不倫で)子供ができた時に産んでおけばよかった。わかった時は産みたいと思ったけど、(相手に)『産まないよ』って言ったら『ありがとう』と言われた。それがちょっと残念。産んだら全然(人生が)違うでしょ」と語っているそうです。

不倫騒動の時には「飲んだら死ねると思って」ウイスキーのボトルを、毎日一本も開けていたのだそうです。

肝臓移植という手段もあるということですが、そのこに関しては「これまでの人生でもいろいろお騒がせして、好き勝手に生きてきた私が、人の肝臓まで貰ったら申し訳ないですよ」とも。

林葉直子はブログがアクセスの負荷に耐えられないことから、アメブロからlivedoor Blogに場所を移し「最後の食卓」というブログを開始しています。

そこでは「ボロボロかもしれないけど、私は自分のモノ(ボロ肝)で勝負する」「こう見えても私はいまでも勝負師」と綴られていました。

遺言 最後の食卓

林葉 直子 中央公論新社 2014-02-24
売り上げランキング : 312
by ヨメレバ