B00GDIKBPM

「半沢直樹」「リーガルハイ」と2013年は立て続けにヒットドラマに出演した堺雅人が、テレビ番組に出演して2013年を振り返ったそうです。堺雅人、「やりがいのない1年でした」という記事になっていました。

18日、情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)にVTR出演した堺。プライベートでは4月に女優の菅野美穂と結婚、俳優としては主演ドラマ「半沢直樹」が連続ドラマ今世紀最高の視聴率46.7%を叩き出し、「倍返し」で「現代用語の基礎知識選 2013 ユーキャン新語・流行語大賞」大賞を受賞と、公私ともに多くの話題を振りまいた2013年を振り返った。

同じマサトとして、大ファンになっちゃいましたよ。これだけテレビドラマを観たのも何年ぶりだろう、ってくらい「半沢直樹」と「リーガルハイ」は観ちゃいましたね。

「リーガルハイ」の最終回も録画していたのを見終わりまして、爽快な気持ちになっているところです。これは「リーガルハイ3」も期待したいところですし「半沢直樹2」も楽しみです。

さて、堺雅人は「今年は、しゃべった1年。こんなにしゃべった年はない。修行僧のように毎日毎日、お経を覚えてお経を唱えるみたいな」と1年を振り返っています。確かに、半沢直樹も古美門研介も、長いセリフの多い役柄でしたね。仕事とはいえ、凄いです。

また「やりがいのない1年でした」というのは「もらったものを誰かに渡すための1年だったから、僕のところには何も残ってない」ということのようです。お客さんのところに届けられていれば嬉しい、と。

そうそう「鍵泥棒のメソッド」という映画も面白かったです。