B0041N98GE

「CHAGE and ASKA」のASKA(飛鳥涼)が、暴力団員から「覚せい剤吸引ビデオ」で脅迫され、その後に「違法なことは一切やっていません」と否定したことをお伝えしていましたが、それで終わるかと思いきや、ASKAが週刊文春で覚せい剤疑惑について語ったようです。ASKA「覚醒剤ではなく興奮剤使った」という記事になっていました。

CHAGE and ASKAのASKA(55)が今日9日発売の週刊文春で覚せい剤吸引疑惑について語っている。8月に同誌で疑惑を報じられたが、9月に公式サイトで報道を否定していた。同誌の取材に対し、使用していたのは覚せい剤ではなく、アンナカと呼ばれる興奮鎮痛剤だったと主張。

オフィシャルサイトで否定したので、それで話は終わりかと思いきや、週刊文春の取材に答える形で、色々と語っているようです。

それによると、吸引していたのは覚せい剤ではなく「アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)」という興奮剤だったことを明かしています。

当初は医師から処方されていたものの、病院に行くのが面倒になり、暴力団員から入手するようになったと語っています。

暴力団員との交際も認めつつ「昨年秋に疑いを持ち、確認するとAが認めたという。今年5月を最後に会っていないという」ことです。

疑惑について、改めて週刊文春で説明した意図というのはなんだったのでしょうか。この記事に関して、所属事務所では「弊社は一切関知しておりません」としており、ASKAが独断で取材に応じた形になっています。

ネタフルでは次のような記事を書いていました。

ASKA、一過性脳虚血症で音楽活動休止

チャゲアス飛鳥「覚せい剤吸引ビデオ」で脅迫されていた!?

チャゲアス飛鳥、覚せい剤報道に「違法なことは一切やっていません」