4396430299

土屋アンナの舞台中止騒動ですが、その後も問題は継続しているのですが、100枚チケット売れ 出演者にノルマもという記事も出てきて色々と飛び火している感じです。

今回の舞台では、出演者にチケットを売るノルマが課せられ、多い人では100枚だったという。チケットは7000円、8000円の2種類。出演者によると「オーディションで出演が決まった時点で、ノルマが達成できない場合は自腹で買い取ることを承諾するサインをした」という。

チケットノルマと聞くとアマチュアバンドを思い出すのですが、土屋アンナが主演するクラスの舞台でも、こうしたチケットノルマのようなものって存在しているのでしょうか。

募集要項に「チケットノルマ、チケットバックあり」と書かれていたそうで、オーディションを受けて出演を希望した人も納得ずくだとは思いますが。

7,000円のチケットが100枚って、かなり大変そうだなぁ、という気もします。が、土屋アンナと共演したい、ということもあるかもしれませんしね。

オーディションが有料というのも、まあそういうこともあるかもしれませんね。3,000円だそうです。

ただ「チケットを○枚以上売れる人は挙手して」といきなり聞かれると、重視されているのは演技力よりも営業力なのかな、という気もしてしまいますね。興業を仕掛ける以上、赤字にならないようにするのも大事なことだと思いますが。

芸能界ですしビジネスですので、こういうのは往々にしてあることだとは思いますが、それが表に見えてきてしまうと、感動する話の舞台化だったのに、と残念に思う人も出てくるかもしれません。