4396430485

土屋アンナ稽古ドタキャンで主演舞台中止というニュースがあり「何ごと!?」と思ったのですが、舞台の原作者がブログで土屋アンナは問題ないと反論するなど、ちょっとした騒動に発展しています。

8月に東京と兵庫で上演を予定していた、土屋アンナ主演の舞台「誓い~奇跡のシンガー~」の公演が中止になることが29日、決まった。主催者によると、土屋が予定していた稽古に参加しなかったためで、法的措置も検討しているという。

土屋アンナの事務所側は「事実無根の内容に困惑している」とコメントを発表しています。

土屋アンナ、原作者承諾巡り主演舞台中止という記事にさらに詳しくあるのですが、土屋アンナ側は原作者側から「台本も見ておらず、承諾もしていない」と聞いたことから、問題が解決するまでは稽古に参加できない、としていたのだそうです。

舞台「誓い~奇跡のシンガー」を制作するタクトは「土屋が稽古に11回参加するとの約束も最初の2回のみで、16日以降は姿を見せなくなった。そのことが原因で同公演を開催することができなくなった」と中止に至った経緯と理由を説明した。

制作側は土屋アンナが無断で舞台を休んだとしていますが、土屋アンナ側としては問題が解決するまでは参加しないと伝えていたということで、原作者に筋を通した形になっています。

「浜田さんの戸惑いや思いを考えると、稽古に参加することはできなかった」と土屋アンナの関係者。

制作側は「原作者の許諾を得ないまま舞台化するなど考えられない」とコメントしているのですが、原作者である濱田朝美さんがブログでコメントをしていました。

重大なお話!」という記事です。

実は、最初の段階でこの舞台の話に関して、私は制作者側から全く許可を取られていませんでした。 私が舞台の存在を知ったのは、友人からネットに出ていたよ!というメールが来たのがきっかけでした。 その知らせに、慌ててネット検索してみた時には、もう舞台の記者会見の一週間前でした。 その時、私は何が起こっているのか全く把握できず、ただただ驚きました。

制作側は「舞台化の許可を取った」としているそうですが、濱田朝美さんによると、路上ライブに元担当編集者と監督が現れ「今後何か協力して下さるかもしれないから、ご挨拶して」ということで、挨拶したことが「許可を取った」となっているようです。

「お二方の言い分は、それがこの業界では許可した事になるのだ」ということだったそうです。

台本を見てから舞台化の許可をしたいと申し出たところ、舞台のパーティーの案内が届き、不愉快ではあるものの、監督と話をするために参加したのが、7月16日のことでした。

そこで、土屋アンナと出会います。

土屋さんはとても親しくしてくださり、"舞台の台本を見ましたか?貴女は本当にこの内容で許可を出したの?"と聞いてくださいました。 私はそこで今までの経緯をお話しし、舞台に関して困惑している事を打ち明けたところ、土屋さんも共感して下さり、協力して下さる事になりました。

それで土屋アンナ側は「原作者が納得し、許可した舞台でないのなら、出演出来ません」と伝え、今回の"ボイコット"騒ぎとなったようです。

「土屋アンナさんは、全くの無実です」と濱田朝美さん。

元担当編集者がどんな動きをしていたのか、契約書はどうなっていたのか、など気になるところではありますが、制作側としては、こうした事実が原作者から語られるとは想定していなかった‥‥かもしれませんね。

土屋アンナはどうするか。ちょっと行く末が気になります。

日本一ヘタな歌手

濱田 朝美 光文社 2009-09-18
売り上げランキング : 239
by ヨメレバ