4163759107

水道橋博士が大阪でテレビ出演した際に、橋下大阪市長から「小金稼ぎのコメンテーター」と発言され激怒、降板宣言して退席したことに関して、実はパロディーだったことを明かしたそうです。

水道橋、降板騒動は「パロディー」/芸能速報/デイリースポーツ onlineという記事になっていました。

お笑いコンビ・浅草キッドの水道橋博士(50)が16日午後6時から、ニッポン放送「青山繁晴・水道橋博士のニッポンを考えナイト」に生出演し、レギュラーを務めるテレビ番組の生放送中に、日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長(43)の「小金稼ぎのコメンテーター」発言に激怒し、降板を宣言して途中退席した騒動についてコメントした。

そもそもの話の流れはこちらの記事をご覧ください。

【動画あり】生放送中にケンカする二人。橋下徹大阪市長VS水道橋博士 - NAVER まとめ

その後、橋下市長は水道橋博士にTwitterで謝罪しました。

まとめたニュース : 【橋下最強伝説】 橋下「@s_hakase 橋下です。「小金稼ぎの」は撤回します。すみませんでした。」

そして、水道橋博士がラジオで「パロディーで再現した」と語りました。

かつて橋下市長は「サンデー・ジャポン」で放送中に降板宣言して退席したことがあり「とはいえあなたもコメンテーターでしたよ。(降板宣言は)あなたがやったこと。過去を振り返ってくださいという意味」だったということです。

水道橋博士は、橋下市長の謝罪には次のようにツイートしています。

水道橋博士はパロディーとして行なったことだけど、それに気付いた人は少なかったかもしれませんね‥‥。「大騒動となったことに対し、事態収拾に努めているようでもあった」と記事。

パロディーにすることを意識した。スタジオ内は笑う人もいたけど、微妙な感じ。すべっていた」とも語っていたそうです。確かに、動画で見るとあまり笑いが起きている感じではなかったですね‥‥。