2012 12 20 1702

タレントで東京海洋大学客員准教授のさかなクンが、尿管結石で緊急入院していたそうですが、原因は魚の食べ過ぎが指摘されているそうです。さかなクンが魚の食べ過ぎ!?

尿管結石で入院のさかなクンさん 魚の食べ過ぎが原因と医師という記事になっていました。

尿管結石とは、腎臓でできた結石が尿管へ流れ、激痛が走る病気。結石は、カルシウムなどのミネラル物質が何らかの原因で結晶化し、固まってできるという。症状は、下腹部への激しい痛みや血尿があげられる。

さかなクンだけに普段から魚を食べる量は多いと思うのですが、どうやら魚の食べ過ぎで尿管結石になることがあるようです。

「あじやかつお、いわしといったプリン体を多く含む魚を過剰摂取すると、尿酸がたまり、結石ができやすくなるといわれています」という医師の指摘が。

さかなクンは、千葉県の房総地域に住み、毎日魚づくしの食生活を送っていることで知られている。漁船に乗せてもらうことも多く、獲れたての新鮮ないわしやあじを楽しむという。

さかなクンが魚尽くしの生活をしているのは想像に難くないですから、それが尿管結石の一因になっているのかもしれませんね。

魚は身体に良いような気がしますが、何でも食べ過ぎは禁物、ということなのですね。