4062716194

首都高をバイクで走行中に転倒し6m転落、大けがを負って病気療養中の料理研究家・ケンタロウですが、事故から半年が経過しても難しい状況にあるようです。

ケンタロウ 事故から半年も「両手足麻痺で寝たきり状態…」( ケンタロウ)という記事がありました。

「ケンタロウさんは、両手両足が麻痺してベッドの上ではずっと赤ちゃんのような姿勢でいました。意識はありますが、高次脳機能障害といって、記憶ができないこともあるようです。言葉も発するのがやっとの状態。感情表現もほとんどできず、食事も鼻からチューブを通して取っていました。入退院を繰り返し、現在はリハビリ専門の病院に転院されたようです」(病院関係者)

病院関係者がこんなことを喋っていていいのかというのもありますが‥‥想像以上に事故の後遺症が大きいのですね‥‥とはいえ、高速走行中の6m転落ですから、助かったこと自体が奇跡なのかもしれませんが‥‥。

ケンタロウを支えているのは、妻でライフスタイリストの大谷マキさんで、葉山の自宅から都内のマンションに生活の拠点を移し、看病を続けているそうです。

「マキさんは、毎日欠かさず夫のもとへと通っています。夫に向かって、『今日、こんなことがあったよ』とか『トイレ行きたい?』など積極的に話しかけているそうです。状況は厳しくても、そうして話しかけ続けることで、少しでも夫の反応がよくなってくれることを祈っているそうです」(前出・ケンタロウ夫妻の知人)

「日本がダメなら海外療養に望みを繋ぎたい」ということですが、少しでも病状が改善することを祈りたいですね。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

ケンタロウ、バイク事故で首都高から6m転落し重傷
料理研究家・ケンタロウ、復帰メド立たず → 「男子ごはん」は継続
「男子ごはん」ケンタロウ、治療専念で番組降板へ