2012 03 07 0949

自称霊能者から“奪還”されたとする、オセロ・中島知子の脱洗脳は脳機能学者・苫米地英人氏が担当している、という話が出てきました。中島引き受けた?脳機能学者を直撃という記事になっています。

オセロ中島知子(40)の家賃滞納問題で、自称霊能者の女性にマインドコントロールされていたとみられる中島サイドから、脳機能学者苫米地英人氏(52)が、「脱洗脳」の依頼をされていたことが5日、関係者の話で分かった。

ただし、これはあくまでも「関係者の話」ということで、苫米地英人氏本人はブログで次のような記事を書いて、見解を述べています。

メディア各位、中島知子さんの「脱洗脳」情報について

これに関して多数のお問い合わせがありますが、私はプロであり、当然、本件に限らず、脱洗脳依頼の有無を含めて、私の側から、クライアントに関しての情報を出したり、コメントをすることはあり得ませんとお答えした通りです。

クライアントに関しての情報を出したりコメントすることはない、としつつ「仮に、私が過去にご本人に何度か面談しているのであるとするならば」として、その場合は既に「峠を超え、ご両親やご家族とそれなりの和解をし、食事などを共にするぐらいの段階であると言えるでしょう」と綴っています。

暗に、オセロ・中島知子はマインドコントロールから脱している、と伝えているようにも見えます。

中島が母に語った「復活したい」によれば、父親・母親と3人でフランス料理で食事したことが伝えられています。

今回の騒動以降、中島の母親が、きちんと報道陣と向き合い取材に応じたのは初めてだった。中島とは前日4日に都内のホテルで会い、父親を含めて3人で食事したことを明かした。「フランス料理を食べました。普通の家族の会話をしました。(家族での食事は)おととしの秋以来」と話した。

その中で、中島知子は「皆さんにご迷惑をお掛けして申し訳ない。仕事をやりたい。復活したい」と語ったということです。

中島知子は、外部との連絡を遮断していたため、今回の騒動に関しては把握してなかったということです。

中島知子の所属事務所である「松竹芸能」は「本人とご両親の意思を最大限に尊重し、さまざまな問題が解決されるようサポートを継続する」としています。

■関連記事

芸能界に復帰したい 母親が明かしたオセロ中島の“意思”

「オセロ」中島知子(40)の母親が5日、京都市内の実家で取材に応じ、中島が占い師とされる女性と同居していた都内のマンションから関係者により連れ出された後に「迷惑掛けてごめんね」と家族に謝ったことを明かした。中島は世間に向けても「皆さまにご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と話したという。

オセロ中島「迷惑掛けてごめんね」家族、世間に謝った

両親は昨年夏に人身保護請求を裁判所に申請し、中島を入院させて同居女性と離れるよう説得したが、罵詈(ばり)雑言を浴びせられた。それだけに、マインドコントロールからの解放に期待を持てる謝罪の言葉に、母親も心底喜んでいる様子だった。

オセロ中島の八角形鏡 定価の倍以上で落札された

鏡は先月29日に出品され、商品紹介欄には「オセロ●風水/占い師」との文字があった。入札額は1000円からスタートし、みるみる上昇。入札件数は170件に上った。出品者の商品説明によると、鏡の定価は27万円程度という。

オセロ中島「自主退去、家賃弁済」松竹芸能FAXで報告

中島はテレビのレギュラー番組をすべて降板した“無職”のため、事務所が今後、計1000万円を超える滞納分の家賃を一時的に肩代わりする可能性も考えられる。

オセロ・中島の所属事務所が謝罪

中島は東京都の自宅を出て、国内の別の場所で療養しており、健康状態は「良好」という。

オセロ中島、芸能界復帰に意欲…母“奪還”語る

2月28日夜に、自宅マンションから保護されたという中島。母親によると、関係者の説得には自ら出てきて、現在はカウンセラーとともに都内にいるという。その後、母親は4日に初めて対面。激太りがウワサされた体形はふっくらしていたというものの、「大丈夫です」と苦笑い。

貸主、本木雅弘 円満解決望む オセロ中島問題

本木はマスコミ各社に宛てた文書の中で、「二十八日、夜、中島さんを無事に保護したとの報告を受けていましたが、その後の進行に配慮して、慎んでおりました」と発言を控えていた理由を説明。そのうえで、「ひとまず、中島さんの命があったことに、ほっとしています」と続けた。

オセロ中島、実は“視聴率女王”だった!TV局“肉声映像”狙う

「思い出されるのは、2009年8月の酒井法子による覚醒剤事件。逮捕直後の夜に放送された情報番組は視聴率が30・4%を記録した。今回の中島は、いわば“被害者”の立場だが、世の中にはインチキ占いやカルト宗教に洗脳された身内に悩む家族は多く、関心は高い。再発を防ぐためにも、当分、追い続ける」と民放の情報番組スタッフ。

オセロ中島“脱洗脳”を担うスゴイ面々!オウムで活躍“苫米地氏”と実力弁護士

山口氏が所属する弁護士事務所を直撃すると、同事務所スタッフが山口氏が弁護を引き受けたことを認めた上で、「その(中島の)件はお答えできない」とだけ答えた。中島を救い出すために集まった洗脳対策のプロと、法律のプロ。双方ともに「娘を救い出したい一心で、父親自ら選定して依頼した」(芸能関係者)という。

オセロ中島、都内のホテルで静養中!事務所が“脱洗脳”に全力

「資金的余裕もないでしょうから、この賠償金は松竹芸能が持つ可能性があります。問題はマインドコントロールで、これを解くには最低でも数カ月、長くて2~3年はかかる。この“脱洗脳”にも松竹芸能が全面協力するはずです」

オセロ中島“奪還”成功も険しい道のり…復帰阻む“依存症”の闇

「親身の情に絆(ほだ)されたように見えますが、中島は、かつて父親が霊能師から引き離すために、いったん病院に入院させたものの、退院後は再び霊能師の元へ舞い戻った過去がある。復帰に向けては相当慎重に時間をかけた治療が必要です」と明かすのは芸能プロダクション関係者。